新しいワードローブとして注目を集めている“中間アウター”
今すぐTシャツに羽織って、その後もスウェット、ニットとインナーを変えながら
長い間活躍する軽い羽織りとしてシーズンを超えて頼りになる。

シルエットの変化が楽しめる
デニムブルゾン

70年代のデニムをイメージした、14オンスのコットン100%素材を使用。裾のドローコードを絞ることで、丸みのあるコクーンシルエットにアレンジができます。ドロップショルダーのゆったりとしたシルエットだから、厚手のニットやスウェットなどをインすることも可能。真夏と真冬以外長く使えるワードローブとして、コーディネートの必需品になりそう。

ハリ感のある素材が美しいフォルムを生み出すクロップドジャケット

コンパクトな着丈のすっきりとしたボディと、ボリューム感のあるパフスリーブとのコントラストが女性らしいジャケット。非常に軽く、ストレッチが効いていて着心地快適。同素材のフレアスカートを合わせれば、デイリーづかいにふさわしいモダンなセットアップスタイルが完成します。

中間アウター
中間アウター
中間アウター

柔らかく肌触りの良い
ヴィーガンレザーブルゾン

今までのフェイクレザーの概念を覆す、驚くほど軽くしなやかなヴィーガンレザー。特殊樹脂を使用することで透湿性と防風性を兼ね備えており、暑い季節には蒸れにくく、寒い季節にはあたたかい優れものです。袖口と裾にギャザーをとり、さらにふんわりボリューム感のある袖がフェミニンなニュアンスを添えています。

構築的なシルエットが映える ツイードジャケット

構築的なシルエットが映える
ツイードジャケット

モヘアのループ糸を使った表情豊かなツイード素材を、洗練されたフォルムのノーカラージャケットに。襟ぐりと前立ての端をコードで縁取りしてアクセントにしています。立体的な袖がモードな雰囲気もプラス。カジュアルをきれいめに仕上げたり、あるいはオケージョンなどの改まった席にもマッチする、汎用性の高い1着です。

SHIRTS DRESS

STAFF

Photography : Kentaro Watanabe

Styling : Ayako Fukuda,Kumi Saito

Hair : KOTARO

Make-up : Kie Kiyohara[beauty direction]

Model : Mia[BRAVO models], Miki Ehara [IPSILON]

Edit & Text: Miho Hotta